融資スピード

融資スピードは借入する側にとって、金融会社を選択する上で重要なポイントですが、もう一つ、やはり銀行のカードローンとその他消費者金融などのカードローンでは金利が大きく違ってきますね。ネット系の信金で最高金利が7.99%というのを見つけました。他の銀行でも最高金利は14%台が多く、消費者金融のカードローンはほとんどのところが18%という中、7.99%!これは破格値と言っていいでしょう。10%も金利に差をつけられたのでは消費者金融は厳しいですよね。しかし、消費者金融は審査の甘さという点では銀行よりも有利な立場に立っています。一般的に銀行の審査は厳しいということになっています。低い金利であっても回収率を上げることで利益を生もうとする考え方から、確実に回収可能が人にしかお金を貸さないのです。個々の利益を見ているという訳ですね。それに比べると消費者金融は全体的な利益を見ています。銀行に比べるとやはりスピード融資に対応していますし、個々に回収が難しかったとしても、金利が高い分全体的な利益を出そうとする考え方です。ですから、回収できる余地あり、的な人にもお金を貸してくるのです。しかしいくら消費者金融であっても回収不可能な人にはお金は貸してくれません。他からの借り入れがあっても年収の1/3を超えていなければ審査は通る可能性はありますが、他の借り入れの返済を延滞したり滞ったままにしていては確実に審査は通らないでしょう。