融資スピード

融資スピードは借入する側にとって、金融会社を選択する上で重要なポイントですが、もう一つ、やはり銀行のカードローンとその他消費者金融などのカードローンでは金利が大きく違ってきますね。ネット系の信金で最高金利が7.99%というのを見つけました。他の銀行でも最高金利は14%台が多く、消費者金融のカードローンはほとんどのところが18%という中、7.99%!これは破格値と言っていいでしょう。10%も金利に差をつけられたのでは消費者金融は厳しいですよね。しかし、消費者金融は審査の甘さという点では銀行よりも有利な立場に立っています。一般的に銀行の審査は厳しいということになっています。低い金利であっても回収率を上げることで利益を生もうとする考え方から、確実に回収可能が人にしかお金を貸さないのです。個々の利益を見ているという訳ですね。それに比べると消費者金融は全体的な利益を見ています。銀行に比べるとやはりスピード融資に対応していますし、個々に回収が難しかったとしても、金利が高い分全体的な利益を出そうとする考え方です。ですから、回収できる余地あり、的な人にもお金を貸してくるのです。しかしいくら消費者金融であっても回収不可能な人にはお金は貸してくれません。他からの借り入れがあっても年収の1/3を超えていなければ審査は通る可能性はありますが、他の借り入れの返済を延滞したり滞ったままにしていては確実に審査は通らないでしょう。

カードローンの最大のメリット

カードローンの最大のメリットと言えば、限度額までなら何度でも借り入れができるということでしょう。毎回申請をしなくても予め限度額を決めておいて、その限度額までなら何度でも利用でき、その利用方法もキャッシュカードを使ってお金を引き出せるというところが利用者にとっては大変便利なところなのでしょう。返済さえきちんとしていれば永久にお金が借りられるのです。またカードローンの申請方法が簡単だということも利用者が増えている理由の一つだと思われます。カードローンは基本的には無担保無保証で借りられます。しかも一定金額以内の融資であれば収入証明書も不要でキャッシングが出来る場合もあるのです。収入証明書というのは源泉徴収票や給与明細などのことです。また正社員や公務員でなくても、アルバイトや主婦でもパートなどで毎月安定して収入があれば借りることができます。申し込みも最近はインターネットからできるようになっているので、自宅のパソコンやスマホなどから申し込む事ができます。審査に通過するとカードローン用のキャッシュカードと書類を郵送で送ってきます。書類に必要事項を記入して本人確認資料(免許証や保険証、パスポートなど)のコピーを同封して返送すれば契約は完了します。